×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップがん(癌) > 膀胱がん(癌)治療・症状

がん治療ならセレンクリニック

国立大学で研究されたがんの最先端の治療技術を提供するがん治療専門のクリニックです。 免疫細胞を使った治療(がん樹状細胞療法)を中心に、副作用を抑えた抗癌剤治療(がん休眠療法)、関連医療施設での副作用の少ない放射線療法などを併用し、患者さんにあった副作用の少ないオーダーメードのがん治療を提供しています。

膀胱がんの症状

膀胱の表面を覆う移行上皮が、がん化して膀胱がんとなります。カリフラワーのように膀胱の内腔に突出する乳頭がん、コブのように盛り上がったり、粘膜がむくんだりして見える非乳頭がん、粘膜壁に沿って存在する上皮内がんの3タイプがあります。

初期の特徴的な症状は肉眼でわかる血尿で、これには痛みを伴いません。排尿痛はがんが進行してから出現することが多いのですが、初期にも膀胱炎に似た排尿痛が見られることがあります。抗菌薬で痛みが治まらない場合は、膀胱がんを疑う必要があります。病気が進んでくると。がんが広がって尿菅口を閉塞させ、肝臓が作り出した尿が膀胱まで流れなくなって、尿管、腎盂が拡張することがあります。これを水腎症といい、背中に鈍痛を感じます。検査では尿の中に剥がれ落ちてくるがん細胞を捕らえる尿細胞診が有効で、膀胱内部を観察する内視鏡の膀胱鏡で調べるとほぼ確実に診断できます。

膀胱がんの原因

喫煙者は、非喫煙者の2〜3倍の割合で膀胱がんになりやすいとされています。また、染料を扱う職業の人に発症の多いことが知られています。染料に使うベンチジンなど一部の化学物質に発がん性があったためです。既にこうした化学物質は使われていませんが、染料工場等で働いたことのある日とは注意が必要です。

膀胱がんの特徴

人工10万人あたり毎年約17人発生しています。50歳以降に多く、男性は女性の3割です。

よく行われる治療とケア

手術療法

経尿道的膀胱腫瘍切除術
尿道から特殊な膀胱鏡を入れ、目で確認しながら電気メスでがん組織を切除する方法で、高い効果が確認されています。がんが粘膜内に限局している膀胱がんに対しては有効で、再発率が低いとされています。しかし、がんが粘膜下まで浸潤しているが膀胱筋層に及んでいない段階でこの治療を行った場合には、60%に再発が認められています。
膀胱全摘除術
開腹して骨盤内のリンパ節と膀胱、さらに男性では前立腺と精のう、女性は子宮を摘出する手術です。5年生存率は60〜70%と報告されています。ただし、リンパ節転移の有無により5年生存率は異なり、リンパ節転移無しでは70%、リンパ節転移ありでは40〜50%になります。

放射線療法

放射線照射単独での治療効果については、専門家の意見や経験から支持されています。

化学療法(M-VAC)
化学療法単独の治療成績を報告した臨床研究はありませんが、メトトレキサート,硫酸ビンブラスチン、アドリアマイシンあるいはその誘導体、シスプラチンの4剤を組み合わせる多剤併用療法のM-VAC療法の効果は臨床研究によって確認されています。それによると完全寛解率は36%です。
BGCの膀胱内注入療法
TUV-BT後にBCG注入りょうほうをおこなったほうが、TUR-BT単独療法より1年後の再発率が低いことが、いくつかの研究によって確認されています。

おもに使われる薬

メソトレキセート(メトトレキサート)、エクザール(硫酸ビンブラスチン)、アドリアシン(アドリアマイシン)、ランダ・ブリプラチン(シプラチン)
これらの薬は多剤併用でも効果が確認されています。
ノムノブラダー(乾燥BCG)
乾燥BCGの効果は、いくつかの臨床研究によって確認されています。
マイトマイシンS(マイトマイシンC)
マイトマイシンCの効果は臨床研究によって確認されています。

がん(癌)の治療カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。