×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップがん(癌) > 目のがん(癌)治療・症状

がん治療ならセレンクリニック

国立大学で研究されたがんの最先端の治療技術を提供するがん治療専門のクリニックです。 免疫細胞を使った治療(がん樹状細胞療法)を中心に、副作用を抑えた抗癌剤治療(がん休眠療法)、関連医療施設での副作用の少ない放射線療法などを併用し、患者さんにあった副作用の少ないオーダーメードのがん治療を提供しています。

目のがんとは

目のがんは、小児と大人のがんとがあります。大人では結膜がん、涙腺がん、まぶたに発生する眼瞼がん、虹彩、毛様体、脈絡膜に発生するぶどう膜悪性黒色腫(メラノーマ)が見られます。

小児の目のがんで最も多いのは眼底に発生する網膜芽腫と眼窩に発生する横紋筋肉腫です。

目のがんの症状

特にぶどう膜悪性黒色腫の場合には、症状としては視力低下が最も多く、次いで飛蚊症(目の中で蚊が飛んでいるような感じ)、視野狭窄(視野が狭くなる)などの症状が見られる。

目のがんの治療法

眼瞼がんの場合には、腫瘍が小さければレーザーによる光凝固や放射線療法、又はその併用療法をおこないます。腫瘍が大きければ、眼球を摘出や、眼球を鉛板で保護して電子線照射をおこないます。

ぶどう膜悪性黒色腫の治療は、腫瘍が小さければ放射線療法により眼球を温存し、大きい場合は眼球摘出術をおこないます。

がん(癌)の治療カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。