×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップがん(癌) > 頸部腫瘍(癌)治療・症状

がん治療ならセレンクリニック

国立大学で研究されたがんの最先端の治療技術を提供するがん治療専門のクリニックです。 免疫細胞を使った治療(がん樹状細胞療法)を中心に、副作用を抑えた抗癌剤治療(がん休眠療法)、関連医療施設での副作用の少ない放射線療法などを併用し、患者さんにあった副作用の少ないオーダーメードのがん治療を提供しています。

頸部腫瘍とは

頸部(首)似、発生するがんは、次の二つに大きく分けられます。

  1. リンパ節など、頸部の組織そのものから発生する原発性頸部腫瘍
  2. 頭頸部がんや、頭頸部以外のがんからの転移性頸部腫瘍

頸部腫瘍の症状

最も重要な症状は、頸部の腫瘤(こぶ)です。しかし、頸部に腫瘤があるからといって、がんとは限りません。頸部の腫瘤を起こす病気といっても、いろいろな病気があるので、識別診断をしなければなりません。

頸部腫瘍の検査と診断

まず、問診、次いで視診、触診をおこなって、どんな疾患が最も疑わしいかを調べます。腫瘍が疑わしい場合には、頭頸部がんの有無を調べるために、内視鏡、X線検査、超音波検査、CT、MRI、アイソトープ検査、血液や尿の検査などが、必要に応じて行われます。

頸部腫瘍の治療法

頸部からの原発腫瘍、例えば悪性リンパ腫などでは病気の範囲が限られていてば、化学療法と放射線療法が中心となります。

一方、転移がんでは、頭頸部がんからの転移であれば、それぞれのがんの治療と並行して転移がんの治療をおこないます。しかし、胃、肺、食道、泌尿器、乳房などのがんから転移した場合は、それぞれの専門家の医師と相談して治療をおこないます。

がん(癌)の治療カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。