×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップがん(癌) > 耳のがん(癌)治療・症状

がん治療ならセレンクリニック

国立大学で研究されたがんの最先端の治療技術を提供するがん治療専門のクリニックです。 免疫細胞を使った治療(がん樹状細胞療法)を中心に、副作用を抑えた抗癌剤治療(がん休眠療法)、関連医療施設での副作用の少ない放射線療法などを併用し、患者さんにあった副作用の少ないオーダーメードのがん治療を提供しています。

耳のがんとは

耳は、耳介、外耳道、中耳の3つの部位に分けられますが、耳介と外耳道にできるがんは、基本的には皮膚がんと同じものです。頭頸部がんのなかでは、比較的まれな腫瘍です。

小児の耳のがんで最も多いのは眼底に発生する網膜芽腫と眼窩に発生する横紋筋肉腫です。

耳のがんの検査と診断

耳介の場合は視診でわかります。しかし、外耳道の奥や中耳のがんでは、中耳炎を合併することが多いため、診断が難しいことがあります。血の混じった耳漏(耳だれ)が見られたり、耳の痛みが続いたりする場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

耳のがんの治療法

外耳道のがんは、腫瘍が一部に限定していれば、放射線療法と化学療法との併用が有効です。しかし、ある程度進行したがんでは拡大手術が必要です。中耳がんはしばしば発見が遅れることと、頭蓋底に近いので、拡大手術が必要です。

がん(癌)の治療カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。