×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップ女性の病気 > つわりの症状・妊娠 つわり

スポンサードリンク

つわりの症状

妊娠して5,6週目から起こる吐き気、嘔吐、食欲不振などの消火器症状をつわりと言います。食べ物の好みが変わったり、気分の変化が激しくなったりもします。一般的には日常生活に大きな支障をきたすことなくつわりの症状は自然に消失しますが、激しい嘔吐や極端な食欲不振を繰り返して、体重が非常に減少したり必要な栄養分が十分取れなくなったりすると、妊娠悪阻と呼ばれる状態になります。この状態になると、水分や栄養が不足し、皮膚の感想、舌苔、頻脈が見られます。さらに悪化すると、発熱、肝機能障害による黄疸、腎障害による無尿、意識障害を起こすこともあります。

つわりの原因

つわりの原因としていろいろな仮説が提唱されています。例えば、心身によって、ホルモンの分泌や自律神経系に影響が起こる、胎盤の絨毛細胞殻吐き気を催させる物質が生産される、母親になることへの責任感や分別への不安、恐怖感などの精神的ストレスが関与しているなど主な仮説です。

さらに、最近では、妊娠を維持する働きのあるホルモン(胎盤性刺激ホルモン)が甲状腺を刺激するため、胃腸の活動が沈静化しないという日本人の研究報告が国際的に認められました。つわりに効果があるという、さまざまな薬物のほとんどは、医学的・化学的に検証されたものではありません。また、精神的なストレスが本当に症状を悪化させるのかといったテーマについては、信頼性の高い臨床研究を行うことは困難です。栄養状態に注意しながら、症状が強い時は産婦人科の医師に相談することをお薦めします。

つわりの特徴

妊娠全体の5〜8割に見られるもので、妊娠12〜16週までには自然に消滅します。

つわりの治療法

一時的な症状と理解する

つわり妊娠悪阻に対して、必ず効果があるという治療法は現在の所見当たりません。一時的な症状に過ぎないと理解して、安心感を持って生活することが大切です。またどのようなきっかけで食欲不振や吐き気がもよおされるのかを自分で確認して、できるだけそれらを避けるようにします。普通の食事ができないときには、食べたいときに食べたいものを食べるようにし、また水分やビタミン、ミネラルなどを摂取するように努めます。少量を回数多く食べたほうが良いでしょう。さまざまな薬物が「つわりに効く」といわれていますが、医学的、科学的に厳密な方法で検証されたものはそれほど多くありません。

症状がつらい時は医療機関を受診する

嘔吐や食欲不振を繰り返したりすることで、体重が減少したり必要な栄養が十分取れなくなったりする場合には、医療機関を受診して、輸液や内服薬での治療を受けると良いでしょう、また、ビタミンB6、B12、抗ヒスタミン薬、フェノチアジン系薬が有効である可能性の高いことが、最近行われた研究結果のまとめで確認されています。また、針治療が吐き気を抑えることが信頼性の高い臨床研究で示されています。

女性の病気カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。