×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップ子供の病気 > 手足口病の症状・治療

スポンサードリンク

手足口病の症状

エンテロウイルスの感染による伝染性の発疹症で、おもに子供に見られ、保育園や幼稚園で集団発生することがあります。突然水ぶくれのある発疹が、口の中、指、手のひら、ひじ、ひざ、足の裏、お尻にでき、水疱瘡などと違って祖霊k外の場所には出ないので、手足口病という名前がついてます。38度前後の発熱や下痢を伴うこともあります。手足やお尻の発疹は通常はかゆみも痛みの伴いませんが、口の中の発疹は潰瘍になるため、激しく痛むことがあります。痛みが強く、食事を取りにくくなった場合には、なるべく柔らかく薄味のものをとるようにします。水分の摂取量には、とにかく注意が必要で、薄いお茶やスポーツ飲料を少量ずつこまめに与えるようにして、脱水症状を起こさないようにします。

原因ウイルスに対する特異的なちりょうはありませんが、ほとんどが軽症でで、発疹は約1週間で消失し、自然に治ります。極稀に髄膜炎や心筋炎、急性脳炎といった深刻な合併症を引き起こすこともあり、また非常に頻度は低いのですが、死亡例も報告されています。発疹以外の全身症状が強い場合、例えば、元気がなく、ぐったりしている、嘔吐や頭痛がある、高熱を伴う、発熱が2日以上続くといった場合には、医療機関の受診が必要となるでしょう。

手足口病の原因

コクサッキーA郡16ウイルスとエンテロウイルス71が手足口病の代表的な原因ウイルスですが、そのほかエンテロウイルスでも同様の症状が現れることがあります。感染経路としては、接触感染、飛沫感染、経口感染があります。潜伏期間はおよそ3〜4日です。またおもな症状が消失してからでも、3〜4週間はウイルスが便に排出されることがあるので、乳児などの排泄物の取り扱いには注意が必要となります。

手足口病の特徴

最もかかりやすい年齢は1〜5歳の乳児ですが、抗体がなければ、成人にも感染します。毎年、6〜9月ごろに流行することが多く、2〜3年ごとに大流行が見られますが、原因となるウイルスはその年によって異なります。

手足口病の治療法

対症療法

手足口病の原因となるウイルスの増殖を抑制したり、体外への排泄を促したりするための特別な治療法はありません。予防ワクチンも開発されていません。このため、いろいろな症状や苦痛を軽減することを目的とした処置を行います。

手足の発疹のかゆみには抗ヒスタミン薬

手足の発疹のかゆみが強い場合は、抗ヒスタミン薬を塗ります。口の中に腫瘍ができて、痛みが強い場合には、副腎皮質ステロイド軟膏を塗ることもあります。

食事ができない時は、口当たりの良いものと水分補給

口の中に痛みが強い場合には、食事ができなくなります。アイスクリームやプリンなどの口当たりの良いものが勧められます。満足に食事ができないと、脱水症状を起こしやすいため、薄いお茶、イオン飲料、スポーツ飲料などで、水分を十分にとるようにします。どうしても口から水分をとることが困難な場合には、輸液を浮けたりするなどして、水分を補給します。いずれにしても、臨床的な観察に基づいて行われている対症療法であり、手足口病の患者さんのみを対象にした質の高い臨床研究が行われているわけではありません。

子供の病気カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。