×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気の正しい治療トップ心の病気 > うつ病

スポンサードリンク

うつ病の症状

身体的な異常がないのに、気分が落ち込んで、元気がでなくなる病気です。誰でも疲れるとこのような状態になりますが普通は十分な栄養と睡眠をとれば回復します。ところが、うつ病では気分の落ち込みが長く続き、自力では回復できません。初期症状として注意したいのは、寝つきが悪かったり、夜中や早朝に目が覚めてしまう睡眠障害です。食欲も低下し、好物を食べてもおいしいと感じません。その結果、体重も減ります。倦怠感や疲労感があり、性欲が低下、頭痛、肩こり、腰痛といった症状もしばしば見られます。精神症状としては、気分が沈みこみ、何事にも悲観的になります。思考力も減退し、非常に些細なことでも、何かを決断する力が鈍くなります友人と会うのもおっくうになって、趣味も楽しめません。買物、入浴といった日常生活さえ面倒になってしまうことがあります。自分を卑下し、「生きていても仕方ない」と思いつめて自殺を図ることも少なくありません。うつ病の身体症状、精神症状とも朝から午前中にかけて強く現れ夕方から夜になると、幾分楽になるのが大きな特徴です。

うつ病の原因

多くの場合、精神的な強いストレスがきっかけで抑うつ状態になります。進学、就職、結婚、出産、転居、退職といった人生の節目で、新しい生活環境や人間関係に早く馴染もうと努力するあまり、強いストレスを感じて発病することがしばしばあります。失恋、近親者との死別など悲しい出来事だけでなく、家の新築や子供の結婚・独立といった慶事の後に発病することもあります。うつ病は几帳面な性格で,真面目にこつこつ働くタイプの人がなりやすい病気といわれています。責任感が強く、周囲への気配りも忘れないことから、職場でも地域でも高い評価を受けていることが多いのですが、カンペキにやり遂げようとするあまりに柔軟性に書けストレスを抱え込んでしまう傾向があります。

直接の原因ははっきりわかっていませんが、うつ病になると脳の神経伝達物質(セロトニン)が減少してしまうと考えられています。

うつ病の特徴

わが国の人工の3〜5%がうつ病にかかっていると考えられています。うつ病は精神的に発達した成人でよく見られますが、最近は子供のうつ病も注目されています。またお年寄りに見られるうつ病は、妄想的な言動を伴うものが多く、脳梗塞など脳の血管障害が原因でうつ病を引き起こしている可能性もあり、現在研究が進められています。このように誰でも書かれうる病気といえます。

うつ病の治療法

ストレスを減らす

うつ病は正しく治療すれば直る病気です。治療を始めるにあたっては、今はつらくても適切な治療を続ければいずれは以前と同じ様な生活ができることを話し、病気を理解してもらいます。うつ病になる人は責任感が強く周囲への気配りも忘れないといった几帳面で真面目なタイプの人が多く、ストレスを抱え込んでしまう傾向があります。最近の出来事を話してもらいながら、家庭や職場でなにか変化はなかったかな度を共に考えていきます。また、「頑張れ」などと安易に励ますことはかえって本人の負担になって症状を悪化させることが多いため避けるべきでしょう。

抗うつ薬

非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が認められている薬が多数開発されています。しかし、いずれも即効性があるものではなく、効果が出るまでには2ヶ月程度かかります。また、アルコール摂取はうつ病状を悪化させたり、薬物の効果を妨げたりする可能性があります。うつ病と診断された患者さんは、これらのことをよく知っておくことが大切です。多くの種類がある抗うつ薬のなかでも比較的最近になって使われるようになったのがSSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬のトレドミン(塩酸ミルナシブラン)、バキシル(塩酸バロキセチン水和物)、デプメロール/ルボックス(マレイン酸フルボキサミン)です。その効果、安全性から、第一選択薬になることが多くなっています。しかし、患者さんによっては従来から用いられている抗うつ薬のほうが好ましい場合もあります。いずれにしても、効果が出るまでにある程度時間がかかることを理解して、服薬を続けることが必要です。

精神科医のもとで精神療法が必要な場合も

うつ病の患者さんの多くは、いろいろな体の不調を訴えて内科を受診することが多いので、ほとんどは内科が診断しうつ病の治療しますが、ある程度の期間うつ病治療を続けても症状が改善しなかったり、自殺をを具体的に考えたりするような場合は、精神科医による診察が必要です。精神科医によって行われる支持的精神療法や認知療法も効果的であることが、非女医うに信頼性の高い臨床研究によって認められています。

心の病気カテゴリ一覧

おすすめリンク

病気に関する姉妹サイトです。